出っ歯・受け口・八重歯・叢生etcの歯並び矯正

sp_btn01.png
メールで問い合わせ

歯とお顔のバランスを考え、最も美しい矯正治療を目指します。

お子さまの不正咬合の場合は、早期の矯正治療が可能です。顎の成長を利用してコントロールしながら、正常な位置へと導いていきます。
それに比べて成人の場合は顎の成長が止まっているため、骨格から改善する治療はあまり期待できません。

成人の治療のひとつとしては、プレート状の装置を用いるスプリント療法があります。装置を付けることにより、咬み合わせの状態を正常な位置にクセづけるものですが、始めてから一定期間は1日のうち長時間にわたって装置を付けることになります。
そのほかには、歯の移動によって受け口などを治療する方法もあります。

正しく噛めて負担がなく、それでいて美しいこと。トータルバランスで心身の健康を目指しましょう。

当院では、その患者さまのお顔に合った、トータルバランスのとれた美しい矯正をおすすめしています。
出ているものを無理に引っ込めるといった矯正ではなく、お顔のバランスによって適正な位置を想定して矯正治療を行っております。

「正しく機能的な咬み合わせ」は非常に大切なことですが、患者さまは「見た目の美しさ」を求めて矯正治療に来られています。まず、その「美しさ」を考えた上で、「正しく噛める」「顎や歯、骨に負担をかけない咬み合わせ」ができる最適の咬み合わせを考えていきたいと思っています。そのことが、心身の健康へとつながるのではないでしょうか。